• ホーム
  • 生き方
  • テレフォン人生相談 2020年3月5日 加藤諦三・大原敬子

テレフォン人生相談 2020年3月5日 加藤諦三・大原敬子

生き方

39歳女性から、小学4年生から中学卒業するまでの5年間、母親から「産まなきゃよかった」等の言葉の暴力や肉体的な暴力、虐待を受けて育ってきた。高校卒業後に家を離れて進学し、就職も結婚も家から離れてした。学校でも子供達にもプライドが高く虐待の事は言えなかったが、今では時々、虐待のことが鮮明にフラッシュバックする。自分で解決できるときもあるが落ち込んだりして、上手く乗り越えられる方法を教えて欲しい。

 

テレフォン人生相談 2020年3月5日(木)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:39歳女性

 

加藤諦三氏の〆の言葉『立ち上がれないほど傷つけられた言葉は、自分に向けられた言葉ではありません。』

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA